So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

捜査手法研究会を設置 取り調べ可視化を前提に捜査手法を研究  (産経新聞)

 警察庁は28日、捜査力強化の手法や取り調べのあり方、高度化などを研究する有識者研究会を設置すると発表した。研究会メンバーは中井洽国家公安委員長が人選、委嘱した警察OBや元検事、弁護士のほか心理学などの専門家ら12人で構成。今後、約2年かけて各国の捜査手法を研究するほか、全面的な録音・録画(可視化)を柱に討議を重ね、結論を中井委員長に提出する。

 研究会は昨年の衆院選で民主党がマニフェストに掲げた取り調べの可視化の完全実施を前提とし、可視化によって損なわれる捜査力を補う手法を見いだすことが目的。事務局は警察庁内に置き、来月5日に第1回会議を開く。

 取り調べの可視化をめぐっては、中井委員長が昨年9月の就任直後から「マニフェスト通り実施する」と明言。一方で、「取り調べ当局にとって犯罪の摘発率を上げ、スピード化できる武器を持たせてあげないと、一方的な全面的可視化だけでは済まない。それが、可視化の前提だ」とも述べ、司法取引の法制化やおとり捜査、通信傍受などの捜査手法の適用拡大を含め、「新しい捜査手法」の導入についても前向きな姿勢を見せていた。

 警察庁は、中井委員長が設置する研究会とは別に、外国の捜査手法や法制度も調査。また、可視化の一部実施で、取り調べ現場や捜査全体にどのような影響があったか、などについてまとめ、有識者研究会に報告するという。

 委嘱された委員は次の通り。大沢真理・東京大教授(社会政策)▽岡田薫・元警察庁刑事局長▽久保正行・元警視庁捜査1課長▽小坂井久弁護士▽高井康行弁護士(元検事)▽竹之内明弁護士▽仲真紀子・北海道大教授(心理学)▽番敦子弁護士▽本田守弘弁護士(元検事)▽前田雅英・首都大学東京教授(刑事法)▽桝井成夫氏(ジャーナリスト)▽山室恵弁護士(元判事)。

【関連記事】
死体取扱数16万858体 検視官の臨場率、大幅増 「犯罪死」見逃し警戒感高まる
警察庁、死因究明研を設置 初動強化で事件闇に葬るな
相次ぐ「不審死」究明せよ 警察庁、検視充実へ研究会
検視精度アップに携帯エコー 5県警で導入 
「遺体の真実」見逃すな 監察医制度の拡充求め議員連盟が発足

辺野古案への反対貫く=稲嶺氏(時事通信)
捜査進展、支持率急落…民主に高まる悲観論(読売新聞)
3.9%減の過去最悪に=09年雇用者報酬−デフレや非正規拡大で(時事通信)
貨物船、護衛艦の進路で衝突=関門海峡事故の画像公表−運輸安全委(時事通信)
今年のセンター試験、科目間の得点調整なし(読売新聞)

中国人ビザの年収要件撤廃を=スポーツ観光は強化−観光庁長官(時事通信)

 観光庁の溝畑宏長官は27日の定例記者会見で、訪日中国人の個人向け観光ビザについて、今夏までに年収要件の撤廃を目指す考えを明らかにした。溝畑長官は「何らかの経済要件は必要だが、25万元(の年収要件)については撤廃してもらうよう関係省庁に働き掛ける」と述べた。25万元は日本円で約330万円。
 また、国内外からの観光客増加を目指し、プロ野球やサッカーJリーグなどとの連携を強化する方針も表明。球場で観光案内を、ホテルで試合予定の情報を提供するなどして、スポーツ観戦と現地旅行との相乗効果を狙う。日本ハム、ソフトバンク両球団とは3月のプロ野球開幕を見据えて具体策を相談しているという。 

【関連ニュース】
【特集】昭和 野球のアルバム〜V9と、その時代〜
【特集】波乱万丈 野村克也
【特集】プロ野球 笑える?事件簿
【特集】高校野球 戦国MAP
【特集】ドラフトの悲喜劇・昭和編-プロ野球2世代写真展

土地購入前日、8億円を集約=陸山会など複数口座から−資金洗浄意図か・小沢氏団体(時事通信)
<リコール>シャープの両開き式冷蔵庫97万台 扉が落下(毎日新聞)
銚子電鉄「デハ702」最後の旅 鉄道ファンら花道飾る(産経新聞)
言葉が軽い=「斟酌の理由ない」発言−自民幹事長(時事通信)
<第2次補正予算案>衆院本会議で与党3党などの賛成で可決(毎日新聞)

防戦・失言ずさん国会 自民攻勢「野党ボケだ」(産経新聞)

 平成21年度第2次補正予算案を可決した25日の衆院予算委員会は、予算案の中身よりも鳩山由紀夫首相や民主党の小沢一郎幹事長の「政治とカネ」の問題に質疑が集中した。当事者でもある首相は防戦に追われ、国対幹部による“失言”で国会運営に支障が生じる場面もあった。補正予算案の審議は26日から参院に舞台を移すが、野党は今後も「政治とカネ」の問題で、政権を追い詰めていく構えだ。

 「なぜ(資金管理団体の)『陸山会』を経由して不動産を取得しなければならないのか。小沢さんに政治倫理審査会などに出るように勧めるのが仲間を思う気持ちではないか」

 補正予算案の締めくくりの質疑に立った自民党の町村信孝元官房長官は、小沢氏の資金管理団体の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件に関し、同氏の国会出席を求めた。

 対する首相は「捜査を見守るのが何よりも大事だ」と答弁。自身の問題についても、実母から受けた12億6千万円の使途を開示するよう求められ、「(元秘書の)公判が終わるまで待ってほしい」と繰り返すしかなかった。

 首相の後ろ向きな姿勢は、民主党の国会運営にもマイナスに作用している。

 25日午前の衆院予算委理事会では、自民党が補正予算案の採決に応じる条件として「政治とカネ」の集中審議を22年度予算案の審議前に開くよう要求。これに民主党の松原仁筆頭理事が「先週の質疑も集中審議みたいなものだ」と“失言”で応じたことから、理事会が紛糾し、予算委の開会が午後にずれ込んだ。

 その後、民主、自民、公明3党の国対委員長が会談し、2月中旬までの集中審議と2月中の党首討論(QT)の開催で合意した。

 しかし、民主党のずさんな国会運営に、自民党理事も「野党ボケだ」とあきれ顔。もっとも、野党にも予算審議を「政治とカネ」の問題に特化しすぎれば、景気や経済の問題を軽視しているとの批判を受けかねないとの懸念もあり、今後は世論の動向を見極めて論戦に臨む構えだ。

大阪市で火災相次ぐ 女性3人軽傷(産経新聞)
4分の1が「親族優先」希望=臓器提供、10日で700人登録(時事通信)
豊島区が「がん対策本部」 検診受診率アップ目指す(産経新聞)
<傷害>容疑で両親逮捕 7歳長男を虐待で死なす 東京(毎日新聞)
耐震補強予定ない、65.5%=理由「お金かかる」が半数−内閣府調査(時事通信)

聴覚障害の裁判員候補者に手話通訳準備せず(読売新聞)

 高知地裁で19日に始まった裁判員裁判で、同地裁が聴覚障害のある女性に裁判員候補者として出席させながら、手話通訳者を手配していなかったことが分かった。

 女性が事前に通訳が要ると書類で求めていたが、同地裁が見落としていたという。女性は裁判員に選ばれず、同地裁は女性が帰った後、ファクスで謝罪文を送った。

 同地裁によると、女性は19日、裁判員の選任手続きに呼び出され、出席した候補者31人のうちの1人。呼び出し状に同封されていた事前の質問票に、女性は「手話通訳が要る」という欄に印を付けて返送していた。同地裁の複数の職員が質問票をチェックしていたが、見落としたという。女性は補充を含む9人の裁判員には選ばれなかった。

 女性が帰り際、職員に「事前に要望していたのに手配をしてくれなかった。私は裁判所が嫌いになりました」と書いたメモを見せたことから、チェック漏れが判明した。

 同地裁の近藤英彰総務課長は「候補者に大変迷惑をかけた。二度とこういうことがないよう、チェック体制を整えたい」と話している。

 最高裁によると、裁判員候補者の聴覚障害者が手話通訳を希望した場合、裁判所は通訳者などを手配することが制度の前提になっている。

更生法申請「経営の結果」=平野官房長官(時事通信)
海賊巧妙化 厳戒アデン湾 海自派遣部隊、活動公開(産経新聞)
<著作権法>新聞協会が反対意見書 2次利用緩和に(毎日新聞)
トレーラー、商店に突っ込む…2年前も近くで(読売新聞)
【社会部オンデマンド】東京湾第2海堡の黒煙の正体は?(産経新聞)

<節分>本番間もなく 福升作り 三重・二見興玉神社(毎日新聞)

 節分(2月3日)を前に、三重県伊勢市二見町江の二見興玉神社で、福升作りが進められている。

 福升は、厄よけなどを願う縁起物で、17センチ四方、深さ9センチ。側面に打ち出の小づちと赤鬼、夫婦岩、底には、お多福が描かれ、「家運隆昌」「商売繁盛」の焼き印が押されている。

 社務所では、白衣に緋袴(ひばかま)姿の舞女が、升の中に福豆と厄よけのお札を入れ、紙で包む作業に追われている。今月末までに1500個用意し、1個5000円で授与する。

 同神社の節分会は2月3日午後2時から。【木村文彦】

【関連ニュース】
巻きずし商標権:イオンが逆転勝訴…大阪高裁判決
節分の縁起物:くま手づくり最盛期 愛知・西尾の勝山寺
掘り出しニュース:4メートルの赤鬼 仁王門前に登場
節分祭:準備着々、福豆2万8000袋−−中央区・湊川神社 /兵庫
節分会:恒例、多彩なイベント−−伊勢・おかげ横丁 /三重

消防職員の団結権、今秋に結論=有識者検討会が初会合−総務省(時事通信)
裁判員裁判「検察官の役割重大」担当検事らに法相訓示コメント(産経新聞)
説得5時間、「ごめんなさい」と男性投身自殺(読売新聞)
携帯ストラップ 回天・桜花の販売中止 ネットに批判続出(毎日新聞)
官房長官、検察リーク「あるような気が…」(産経新聞)

神戸の女性不明で捜索 40代男「京都に遺体捨てた」 兵庫県警(産経新聞)

 神戸市中央区の30代の女性が行方不明になり、この女性の関係者の男が兵庫県警の事情聴取に「頼まれて(遺体を)捨てた」と供述していることが22日、分かった。県警は男の供述をもとに、京都府綾部市内の山林を捜索するとともに、女性が何らかのトラブルに巻き込まれた可能性が高いとみて、死体遺棄容疑で捜査を始めた。

 捜査関係者によると、女性は平成20年10月に行方が分からなくなり、九州に住む女性の姉が県警に家出人捜索願を出していた。男は40代で大阪市内に住んでおり、今月20日に県警葺合署に出頭、別の人物に依頼されて綾部市内に遺棄したことを供述。「神戸市内から車で遺体を運んだ」などと話しているという。

 女性は当時結婚していたが、夫とは別居中でマンションで1人暮らし。姉と頻繁に連絡を取っていたが、突然2日間にわたって携帯電話が通じなくなったことから、姉が捜索願を提出。その後、県警がマンションの防犯カメラを調べたところ、20年10月下旬の夜に一人で外出する姿が写っていたという。県警は女性の行方を捜索するとともに交友関係を調べている。

【関連記事】
「死んでびっくりした」元会社社長の死体遺棄で無職の男
井戸の遺体を元社長と確認、死体遺棄容疑で男逮捕へ
アパート女性遺体、住人の33歳女を逮捕 東京・瑞穂、死体遺棄容疑で
登米市の山林に女性遺体、死体遺棄容疑で長男聴取
殺人容疑で41歳男を再逮捕 新潟の死体遺棄事件

<原口総務相>メディア報道の「関係者」表現で見解(毎日新聞)
<大豆>理研などがゲノム解読 品種改良の効率化に期待(毎日新聞)
2月にセミナー「本気の子宮頸がん検診フロンティア」(医療介護CBニュース)
神戸の女性不明で捜索 40代男「京都に遺体捨てた」 兵庫県警(産経新聞)
<自賠責>10年度の保険料を据え置き 金融庁審議会(毎日新聞)

抑止力維持、「核なき世界」へ協力=安保改定50年で共同文書−日米(時事通信)

 日米安保条約改定の署名から50年の節目となる19日、両国の外務・防衛担当閣僚は日米同盟がアジア太平洋地域の平和と安定のため果たしてきた役割を評価するとともに、国際的な安全保障環境の変化に対応し、深化させていくとした共同文書を発表した。日米が必要な抑止力を維持しつつ、オバマ米大統領が訴えた「核のない世界」を追求することを掲げた。
 共同文書は、在日米軍基地に関して「沖縄を含む地元の基地負担を軽減する」とした上で、「米軍の適切な駐留を含む抑止力を維持する努力を支持」するとの表現で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の解決に努める方針を示した。
 北朝鮮の核・ミサイル計画への対処のほか、6カ国協議での日米協力の重要性を指摘。台頭する中国にも言及し「中国が国際場裏において責任ある建設的な役割を果たすことを歓迎」すると表明、中国との地域協力を図るための日米連携をうたった。
 共同文書は、同盟を深化させるための日米対話の強化も強調。日本側は、懸案の普天間問題の結論を5月までに出した上で、今年前半に日米の外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)を開催したい意向。11月に横浜市で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席するオバマ米大統領の来日までの合意を目指す。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔特集〕真珠湾攻撃〜ワレ奇襲ニ成功セリ〜
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
【特集】オバマ語録
【特集】陸上自衛隊装備図鑑〜新型戦車、10年度配備へ〜

「母殺した」と通報、公衆便所に車いす女性遺体(読売新聞)
<参院>議員控室割り当て 自民党と民主党が場所を交換(毎日新聞)
就職内定、大卒73%、高卒68%=悪化幅は過去最大−昨年11月末時点(時事通信)
ハイチに自衛官派遣(時事通信)
【寒蛙(かんがえる)と六鼠(むちゅう)】論説委員・長辻象平(産経新聞)

災害援護資金、自己破産の連帯保証人を免責 神戸地裁支部判決(産経新聞)

 震災の被災者に貸し付けた「災害援護資金」をめぐり、兵庫県尼崎市が返済滞納者の連帯保証人の男性(45)=同市=に約290万円の支払いを求めた訴訟で、神戸地裁尼崎支部(竹中邦夫裁判官)が自己破産した男性の免責を認めて市の請求を棄却する判決を出し、確定していたことが14日、分かった。県や市などによると、自治体側が敗訴するケースは珍しいという。

【関連記事】
阪神大震災 言葉の壁が心の壁…教諭、3カ国語“四十の手習い”
成人式で「阪神大震災知る最後の世代」があいさつ
[ハイチ大地震] 250年分のエネルギー放出? ハイチ直下にプレート境界
[ハイチ大地震] 「死は至るところにある」米メディア、続々現地に
[ハイチ大地震] 積み上げられる子供の遺体 死者10万人以上か

「医療はこうあるべき」と決め付けずに(医療介護CBニュース)
「憲法違反という人いる」 外国人参政権法案で官房長官(産経新聞)
特捜部執念の捜査 「国民を欺いている点で悪質」 (産経新聞)
ハイチで地震、建物倒壊か…日本に津波の影響なし(読売新聞)
「終わって安堵している」=海自部隊、最後の給油−相手国から「ジャパンコール」(時事通信)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。